練習にお勧めの筆記用具(ボールペン編)

お勧めのボールペン

 結論から言うと、グリップ太めのゲルインク(ゲルインキ)ボールペンがお勧めです。

 理由は乾くのが早くて、インクの乗りもよく身体への負担も少ないからです。

 欠点としてインクの消費量が激しいというのがありますが、ボールペン自体の価格は他の水性や油性ボールペンとさほど変わらないので、別に特段経済的に負担が掛かるという程のものではありません。

 管理人が今まで練習で使ってきた中で一番使いやすかったのは、Pentelのエナージェルボールペンサクラクレパスのグロッソゲルボールこの二つです。

 どちらも低価格帯では割と少ない太軸のゲルインクボールペンで、特に練習を始めたばかりの初心者さんにお勧めのボールペンです。

 カラーなら、発色の良い三菱鉛筆のユニボール ワン系がお勧めです。

 太軸ボールペンではありませんが、お手本の上からなぞってもはっきりわかるくらい色が濃いので、練習向きのボールペンです。(他のゲルインクのカラーボールペンは儚いというか色が薄い物が多い)

 ちなみに、カラーは青系が記憶には良いらしいです。

 効果の程はわかりませんが、黒一色というのもつまらないので私も練習でカラーボールペンを使ったりしています。

ボールペンの種類

現在ボールペンはインクで分けると大まかに3種類存在します。(正確には4種類あります)

油性ボールペン

 よく役所とかで置いてるボールペンですね。

 耐水性が高く、ペン先が非常にすべりやすい印象です。
 インクの乗りが悪いので、字が掠れやすいのが欠点です。

 最近は技術が進んでそこそこ書ける油性ボールペンも出てきていますが、仕事で絶対使うとかでない限り、手首への負担が大きいので練習にはお勧めしません。

水性ボールペン

 他のインクに比べカラーのボールペンが多いのが特徴です。 

 ショップでは水性ボールペンもしくは水性染料ボールペンと表記してあることが多いです。

 書き味と発色は良いですが、耐水性がないので文字が滲みやすく乾くのが遅いという問題があります。

 文字練習においては次々と文字を書いていくという性質上、文字の渇きが遅いのはかなりの欠点と言えるので、保存にも向いていませんしあまり練習にはお勧めしません。

ゲルインク(ゲルインキ)ボールペン

 3種類の中では一番後発組みで、油性と水性の良いとこどりをしたようなボールペンです。

 ショップではゲルインク(インキ)もしくは水性顔料ボールペンと表記してあることが多いです。

 その為、書き味も良く耐水性もありますが、他のボールペンと比較してインクの減りが早いという欠点があります。

 この中では特性上一番文字練習向きのボールペンです。何か特殊な事情がない限りはこちらのボールペンを使うことをお勧めします。

エマルジョンインクボールペン

 油性と水性の良いとこどりをしようとした… ボールペンです。

 ただ現状は中途半端でエマルジョンインクボールペン使うなら、ゲルインクボールペンでいいや状態になっています。

 耐水性に優れていますが、書き味は油性よりで一部油性の欠点も引き継いでいるのでなんらかの革新的な改善が見られるまではあまりお勧めはしません。

おすすめショップ

 大量に買うならamazon。単品なら圧倒的にヨドバシカメラ(通販)がお勧めです。

 amazonはセット売りは安いものが多いですが、バラ売りは高いかそもそも取り扱ってないのと、ショップが混沌としているのでまとめて買うかヨドバシカメラに置いていない商品を買うのにお勧めです。(amazonは業者が入り混じっているので出荷元がamazonじゃないとセット売りの物でも割高の可能性あり。あと特定商品はヨドバシカメラさんの方が安いというケースもある)

 ヨドバシカメラは単品で売ってくれているので、色んなボールペンを試したいという時に非常に助かります。またラインナップもamazonに比べ豊富のように思うので(品切れも多いけど)、筆記用具関係に困ったらとりあえずヨドバシカメラさんを強くお勧めします。

 楽天やyahooショップは検索周りがあまり優れておらず、品番や製品番号を入力しない限り訳の分からない商品が出てくることが多いので、セット商品を買う以外ではあまりお勧めはしません。

コメント